top of page
  • 執筆者の写真もずく

【2022年正月】マスティ寅

更新日:2023年1月1日



今年もよろしくお願いします。

(クリックで大サイズ)


2022年もMTGイラストあげていきます。



( ’ v ’ )もずく : 線画 がんばる。

( ″ > めかぶ: そこはかとなく イラスト塗りたい。


 

〇キャラクター紹介



ゴブリンの太守スクイー


ラッキーガイなので縁起が良いはずだが、

度を越して不死になっているので、

ほとほどが良いことを教えてくれる存在。

メルカディアン・マスクスのイラストを参考にしたので、

ツルツルしている。




マスティコア


寅年なのでマスティ“トラ”にしようと、

ペインティングされた存在。

正月なので機銃ではなく門松の竹にしたが、

それはそれで先制攻撃くらいもってそうになった。

スクイーを4積みしがち。




不死身、スクイー


不死身なので無敵かと思いきや、

呪文封印や永久マイナス修整など、近年で増えた弱点がある。

それでも今年も使い続けます。

弱点は構築をやめる理由にはならん(Φ)。

何枚デッキに入れるかを、いつも悩む。





ウェザーライトの艦長、ジョイラ


青赤は探求と情熱の色なので、

キャラクターを笑顔にするだけで

マッド・サイエンティストっぽくなる。

いや、気のせいですね。

スクイーデッキに添えがち。





ジョイラの使い魔


マナコストを軽減するカードを

野放しにしていいはずがない。

自分が使うと対処されるのに、

相手にはいいように使われる現象何でしょうね…

スクイーデッキに添えがち。





語りの神、ビルギ


赤がマナを稼ぐとき、

手札を一気に消耗させて大火を起こすイメージだが、

ビルギさんはコツコツしてて偉いと思う。

ポイントカードめっちゃ持ってて得してそう。

スクイーデッキに添えがち。





金剛牝馬


回復手段の乏しい青、赤の単色デッキに、

延命手段を持ちかけてくれるいい馬。

タフネスも3あるし、なんていい馬なんだ。

とかく便利なので、漠然とデッキに入れがち。

スクイーデッキに添えがち。





スカープの炭鉱者


1ターン目に出せた安心感と、

1ターン目に出される絶望感を内包する、

1マナを狂わせがちなゴブリン。

何故ドミナリアでスクイーと再録したんだ使うに決まっているだろ。

スクイーデッキに添えがち。





スクイーのオモチャ


実は “あの” レガシーの一つ、とのこと。

現スクイーが持っているのは多分代用品とのことだが、

永くをスクイーと共に過ごし、

その傍らで生まれては消える数多のスクイーデッキを見て、

何を思うのだろうか。

スクイーのイラストに添えがち。






編集中にバグったスクイー


今年もよろしくお願いします。





 
 

次の【正月】の記事へ


 

前の【正月】の記事へ





 

次の記事へ

 

前の記事へ

 

関連する「まとめ」記事へ


 

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page