top of page
  • 執筆者の写真もずく

嫁と遊ぶマジック・アリーナ(3)〜ジョイラがオイラを2人にし(2)〜不死身スクイー酷使編

更新日:2022年2月21日

あらすじ: スクイーの不死に、夫婦が目を付けた。




※不死身、スクイー: マナコスト (1)(赤)(赤)の伝説のゴブリン。自分の墓地や追放領域からこのスクイーを唱えてもよい。  

墓地へ行こうとも別次元に流されようとも、何度も戦場へ呼び戻せる! それがスクイーの不死身能力!


伝説のクリーチャーは、その唯一性の保持のため、場に1体しか存在できない。

となると、2体目のスクイーはどうなるか。1体を残して、残りは墓地へ送られるのだ。でもスクイーは墓地から復活できるから、同じことを繰り返しできる。

何度も何度も現世と冥界を放浪し、スクイーの生死が繰り返される。それ利用した、矛盾した大量の自分の亡骸コンボがある。恐ろしいことだぜ!


〇スクイーを墓地へ派遣! 〈墓地解放〉と〈冒涜された墓所〉のコンボ!



※墓地解放: マナコスト (3)(黒)(黒)のエンチャント。自分のトークンでないクリーチャーが1体墓地へ行くたび、黒の2/2のゾンビ・トークンが1体発生する。

※冒涜された墓所:  マナコスト(3)のアーティファクト。クリーチャーが1枚以上自分の墓地から離れるたび、飛行を持つ黒の1/1のコウモリ・トークンが1体発生する。

スクイーが戦場と墓地をウロウロしていると、ゾンビやコウモリが場に溢れる!

スクイーの命が、ゾンビとコウモリの軍勢を作ってくれるのだ! この軍勢で戦っていくのが主戦略となるぞ! スクイーありがとう!

〇〈墓所解放〉のちょっとした謎。ゾンビはどこから…?


生成されるゾンビ・クリーチャーは、一体何者なのだろうか?

墓地に行ったクリーチャーがゾンビ化する… 本来ならそのフレイバーであっているのだが、スクイーは新しい肉体で復活している。じゃあ、このゾンビは何…? 

古いスクイーが動いているのか、墓場で眠ってた無関係なゾンビがやって来るのか…?

墓地に来たスクイーに反応して、一般モブゾンビがやって来るのか? 真相は謎だが、ずいぶん楽しそうじゃないか! 良かった賑やかで!


〇コウモリとゾンビの軍勢で、敵を討つ!


デッキを構成するカードは全て、スクイーの生死ありきのカードばかり。

間違いなくデッキのスターはスクイーだ! でも本人はこんな形で酷使されるなんて思ってなかったはずだ。でもスクイーのおかげで、戦場はコウモリとゾンビの軍勢に溢れて… とっても楽しいことになってるよ!


〇スクイーを何度も唱えて、得をする者たち。



※金剛牝馬: マナコスト(2)のアーティファクトの 馬。色1色を選び、その色の呪文を唱えるたび、1点のライフを得る。

※ウェザーライトの艦長、ジョイラ: マナコスト(2)(青)(赤)の伝説の人間・工匠。歴史的な呪文を唱えるたび、カードを1枚引ける。歴史的とは、アーティファクトと伝説と英雄譚を指す。


スクイーは伝説のクリーチャーだから、戦場に1体しか存在できない。それを利用して、墓地からマナの限り何度も呼び出すのだ。

〈金剛牝馬〉でライフを回復し、〈ウェザーライトの艦長、ジョイラ〉で手札を補給する。スクイーが墓地に送られる傍らで、優雅に悠長に、得をえるのだ。


〇選ばれたスクイーと、落ちていくスクイー



※最後の別れ: マナコスト(3)(黒)(黒)のソーサリー。自分の山札からカード2枚を探しだし、そのうち1枚を手札に加え、他の1枚を墓地に置く。
  

キーカードは手札と墓地へ直送する。

スクイーの数が不十分だったり、墓場関係のカードが足りていないときは、デッキから直接呼んでくるのだ。その過程で手札に加わわるスクイーと墓地に行くスクイーが同時に発生するのは、何か業が深い気になる。


〇約束された事故、スクイー鉱山。不吉な太陽。




※スカークの探鉱者: マナコスト(赤)のゴブリン。ゴブリン1体を生け贄に捧げると、(赤)マナを得ることができる。

※不滅の太陽: マナコスト(6)の伝説のアーティファクト。複数の能力を持つ。
・プレイヤーはプレインズウォーカーの忠誠度能力を起動できない。
・自分のドロー・ステップにカードを追加で1枚引く。
・自分が呪文を唱えるためのマナコストが(1)少なくなる。
・自分がコントロールしているクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
  

スクイーを唱えるためにマナは、スクイー自身が稼ぐのだ。

スクイーのマナコストは(1)(赤)(赤)と、決して軽くない。そこで〈スカークの探鉱者〉でマナを得たり、〈不滅の太陽〉でマナを軽減したりする。

もし両方が揃えば、たった(赤)マナ一つで、墓地からスクイーを何度も唱えることができる。

効率だけを重視したこのコンボ、労災と休日なしのブラック企業のようだが、

気にしてはいけないよ。

スクイー不死デッキは、不滅の太陽の持つ複数の効果に合致している。

プレインズウォーカーはこのデッキに入っていないので、相手だけを一方的に制限できる。カードの追加補充も嬉しい。しかし何より、コウモリ・ゾンビの大群を強化できるのだ。

太陽の光ってすげー。


〇プレインズウォーカーへの恨みは忘れない。



※魔性: マナコスト(黒)(黒)(赤)のインスタント。アーティファクト1つかクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とし、それを破壊する。

デッキ使用者であるめかぶともずくは、これまでプレインズウォーカーにボコボコにされてきた根強い恨みがあり、その対処カードをデッキに入れた。

不滅の太陽を含め、しっかりと対策している。決して私怨ではない。


〇冷静に考えて、正気を疑うデッキ。



アリーナをプレイしていると表示してくれるメッセージ。

伝説のカードが重複するように場に出すことは、基本的にデメリットである。そのためこのような確認をゲーム側がしてくれるのだが、このスクイーデッキに関しては無用である。しかし、何度もスクイーを墓地から呼び出すたびに確認されると、やっぱりこのデッキは正気の産物ではないのだと、確認できる。

夫婦お気に入りの、スクイーの楽しい不死デッキ。いかがでしたでしょうか?

生死を参照するカードが新しく出るたびに、不死スクイーは輝ける。また何か思いついたら、記事にしてみます。 


おわり。

 

〇おまけ デッキリスト

デッキ 8 山 (RIX) 195 2 最後の別れ (DAR) 93 3 墓地解放 (M19) 112 3 不死身、スクイー (DAR) 146 2 竜髑髏の山頂 (XLN) 252 2 名声の代価 (GRN) 83 3 ヤヤの挨拶 (WAR) 136 3 喪心 (DAR) 81 3 ウェザーライトの艦長、ジョイラ (DAR) 197 3 硫黄の滝 (DAR) 247 2 不滅の太陽 (RIX) 180 3 水没した地下墓地 (XLN) 253 8 沼 (RIX) 194 3 冒涜された墓所 (M19) 230 2 魔性 (RNA) 157 2 彩色の灯籠 (GRN) 233 3 金剛牝馬 (M19) 231 3 組み直しの骸骨 (M19) 116 3 スカークの探鉱者 (DAR) 144

 
 

次の記事へ

 

前の記事


最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page