top of page
  • 執筆者の写真もずく

【プロキシ】今日も一日《ラノワールのエルフ》

更新日:2022年11月12日






《ラノワールのエルフ》


クリーチャー ― - エルフ・ドルイド


1 / 1


Tap:あなたのマナ・プールにGreenを加える。


小枝を踏み折れば、骨を折ってあがないとする。

――ラノワールのエルフの、侵入者への処罰


引用:https://mtg-jp.com/products/card-gallery/0000041/205228/








( ’ v ’ )

昔からこのエルフは、あらゆる暴力の中心にいた。

1ターン目から展開できれば、マナを暴力的に加速にさせる。

マナを余らせれば手持無沙汰で殴ってくる。

なんなら部族強化で本気パンチを繰り出す始末。

小枝と腕骨を同等に捉えて折ってくる。

事前GGには報復GGで返す。

ラノワールは強い。



( ″ >

1/1のイメージって小学生の全力のパンチが肋骨に当たった時の痛みとか、

小指をタンスにぶつけてクリティカルヒット、とかまでのパワーだと思ってるんですが、でもラノワールのエルフの殴りはもうちょっと痛いと思う。







◇おまけ





前にも描いてた…


首に巻いているのはアモンケットの《うろつく蛇豹》です。


立ち警備で首を冷やさないようにしています。


暖かくてそのまま寝ました。




 
 

次の記事へ

 

前の記事へ

 



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page