top of page
  • 執筆者の写真もずく

【アリーナ奮闘記55】ダニについて







最近登場したダニについてまとめました。妙に愛らしいよね。ダニ。


プレビュー期間の時に見る「こいつはやべえ…」と思う新しいカードは、実際に戦うと大体ホントにヤバい。ファイレクシアの毒性ダニたちはヤバすぎでした。


カードの強さが印象深いですが、見た目も妙に可愛いですよね。

アリーナでもらえるペットは毎回「うおお何じゃそのチョイスは。exciting!」って思う奇抜なものが多いけど、今回のダニシリーズは特に驚きです。


クリックすると、踊る。お尻を振る。足場が光る。お尻も光る。愛嬌たっぷり振りまいて、顔をクシクシする。何だお前マスコット気取りか。可愛いよ。


ツヨイ、カワイイ、クセニナル。ファイレクシアの完成化が進んでいますね。ダニにときめく日が来るなんて…



それはさておき、昆虫とされている以前のダニくんたちは、サブタイプ改修されますかね。生物的にはダニは蜘蛛に近いんですが、ダニ仲間に入れてあげてほしいです。でも《錆ダニ/Rust Tick》くんは、ダニはダニでも〈Tick/大型の吸血ダニ〉だから、今回の〈Mite/小型のダニ〉タイプにはならないかな… こりつ… 




登場カード紹介




善行により安寧へ導くことを〈教化〉というらしいです。


新ファイレクシアの白らしい行いですが、機械正典の本質よりも「ダニめっちゃツエエしカワイイよ」とダニを布教して回っているようにしか思えない。実際ダニいいですけど(洗脳済み)。





腕にに抱えられているダニがかわいくて好きです。


テキストだと2体トークンを生むので、両脇に抱えていることになりますね。かわいい。駆けつけたときにダニを持ってくる天使って、何だよ。





いやあ… つよい。使われるとよくわかる、こいつは凶悪ですよ。


もちろんこれ1枚じゃなくて、2枚、3枚と場に並んでいきますよ。うおお…


ライフロスはコストみたいなもんですが、それを自力でペイできるなんてホント、自己完結するやつホント…





自分のことを可愛いペットだと思っているダニ。かわいいね。


何でダニがこんな愛くるしいんだ… さすがノーン様統治下のファイレクシア、愛嬌振りまくりですね。





アリーナで毒性ダニデッキを作ろうとして「ダニ」で検索すると、ダニサさんも出てきます。


面白いことにダニに対して有利な能力を持っており、ダニキラーとして活躍できます。またダニを生成する装備品もあるので、微妙に相性がいい…


本人は絶対不服に思っていることでしょう。英語検索では起こりえないですし…





兄弟戦争で登場した、《錆ダニ》以来2体目となるダニ。


調べたのですが、ダニは昆虫の仲間ではなく、クモやサソリの仲間(クモ綱)になるそうです。歩いて喋る象や、猫と蛇が合体した生物がいる世界観で、昆虫の定義などは些細なことですね…





ミラディンの傷跡で登場したダニの名を持つ最初のカード。


ダニだが最近のトークンで見る小さなダニ(mite)と異なり、吸血する大きなマダニ(tick)であるそうです。でもサブタイプは昆虫(Insect)。うごごご…気にしない。


何者か曖昧だが、能力のポテンシャルは高い。がんばれ!




 
 

 

次の【アリーナ奮闘記】の記事へ

〈作成中〉


 

前の【アリーナ奮闘記】の記事へ


 

次の記事へ

〈作成中〉


 

前の記事へ


 

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page